ブラック上司役のユースケ・サンタマリアが「マジで怖い人に見える」と評判/「わたし、定時で帰ります。」第7話

2019/5/29 16:38

吉高由里子が主演を務めるTBS系ドラマ「わたし、定時で帰ります。」第7話が、5月28日に放送された。ブラック上司の福永役を演じるユースケ・サンタマリアの演技が話題になっている。

サムネイル
ユースケ・サンタマリア/Jul 03, 2010(写真:山田勉/アフロ)


【無料配信】「わたし、定時で帰ります。」最新話を配信中>>

「わたし、定時で帰ります。」は、朱野帰子の同名お仕事小説が原作。ウェブ制作会社で働く結衣(吉高由里子)は、入社以来、残業ゼロの生活を貫いてきた。しかし、部長・福永清次の赴任をきっかけに、ワーカホリックな元婚約者・種田晃太郎(向井理)、仕事命の皆勤賞女・三谷佳菜子(シシド・カフカ)など、さまざまな曲者(くせもの)たちが結衣の前に立ちはだかる。

これまでの放送でもブラック上司の一面を見せてきた福永だが、第7話ではその本領が発揮された。福永が赤字必至の案件を取ってきてしまい、部下たちから疑問の声が上がる中、福永本人は、「また頼んでくれるのうれしいよね。大手の仕事はうちの実績にもなるし」となぜか得意満面。「みんなでちょっとずつ残業すればなんとかならない?」と残業を強制して、「よし、じゃあみんなよろしくね! 頑張っていきまっしょい!」と笑顔を見せていた。

部下に負担を強いる福永に対して、ネット上では「こんな上司嫌だわ~」「ヤバすぎるでしょ」「いきまっしょいって......」「実際いるんだよね~こういう人」といった声が多数上がっていた。また、あくまでナチュラルにブラック発言を連発するユースケ・サンタマリアに「演技上手すぎ」「マジで怖い人に見える」「笑顔が絶妙すぎる......」と称賛の声も上がっている。

【無料配信】「わたし、定時で帰ります。」最新話を配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW