ここから本文です

人気映画シリーズの最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』の日本語吹き替え声優を、吉本興業グループに所属するタレント46人で結成したアイドルグループ・吉本坂46の全員が担当したことが物議を醸している。この件について吉本坂46のしゅんしゅんクリニックPとおばたのお兄さんが言及した。

サムネイル

『メン・イン・ブラック』の吹き替えで炎上......吉本坂46メンバーが言及「そりゃそうですよ」


『メン・イン・ブラック』の吹き替えを担当した、おばたのお兄さん>>

しゅんしゅんクリニックPとおばたのお兄さんがウェブ番組「よしログ」に出演。おばたは「われわれ声優デビューします」と同作の吹き替えを担当したことを報告しつつ、「なかなか炎上したらしいんですよ。『そんな素人に人気映画の声優させるな!』とか」と批判の件に触れた。46人全員に出番があることが波紋を呼んでいるが、おばたは「でも、一言だけの人もいますし」とセリフの多い役は任されていないことを強調した。

しゅんしゅんクリニックPが炎上を伝える記事を確認し「まぁわかるっちゃわかる」と『メン・イン・ブラック』ファンの心情に理解を示すと、おばたも「そりゃそうですよ」と頷く。それでもおばたは、「でも僕らも頑張って(やりました)」と、少ないセリフながらしっかりと役に向き合ってアフレコに臨んだと語った。おばたはまた、「やっている自分に酔いません? めちゃくちゃ一瞬で終わりましたけど」と、声優初挑戦についての興奮を明かしていた。

『メン・イン・ブラック』の吹き替えを担当した、おばたのお兄さん>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ