武田真治、鍛え上げられた肉体で名門大学相撲部に奇跡の勝利

2019/5/31 15:37

鍛え上げられた肉体美で注目を集める俳優の武田真治が、広島大学の名門相撲部部員に相撲で奇跡の勝利をあげた。

サムネイル
Japanese actor Shinji Takeda attends the press conference for new products of Samsung the Shibuya Stream in Tokyo, Japan on October 15, 2018.(写真:Keizo Mori/アフロ)


武田真治、鍛え上げられた肉体で相撲を体験>>

5月28日放送のTBS系バラエティ「その他の人に会ってみた」に武田真治が出演。創部34年の歴史を誇り、カンヌ国際映画祭でも上映された映画『ちゃんこ』の舞台になった、広島大学の相撲部を訪れた。

部に伝わる秘伝のちゃんこが目的のロケではあるものの、武田は流れで相撲を体験することに。初めは乗り気ではない武田だったが、すり足やテッポウなどの練習が始まると真剣な表情へと切り替わった。実践練習で武田の相手を務めたのは、相撲歴1カ月の1年生ながら体重は103kg。体重57kgの武田の約2倍の巨漢だった。

押されてはいるものの、相手の投げをすんでのところで何度も持ちこたえた武田は、驚異の粘りを見せる。すると一瞬の隙を突いて相手の右足を持ち上げ、見事な"足取り"で武田は大勝利を収めた。取り組みを終えた武田は息を切らしながら、「ごっつぁんです......」と精一杯の声を絞り出していた。

武田真治、鍛え上げられた肉体で相撲を体験>>

(文/沢野奈津夫@HEW