ナマハゲチョップがお悩み相談......ドラマと現実の垣根を越える/「向かいのバズる家族」

2019/5/31 16:55

読売テレビ・日本テレビ系「向かいのバズる家族」第9話放送後、物語と物語をつなぐチェインストーリー第9.5話がウェブで配信された。劇中に登場する動画アカウント・ナマハゲチョップが、現実世界でもお悩み相談を始めた。

サムネイル
(C) ytv


【無料配信】「向かいのバズる家族」配信中>>

"バズる"とは、SNSで拡散されて多くの人に広まること。平凡な一家・篝家の長女・あかり(内田理央)、母・緋奈子(高岡早紀)、父・篤史(木下隆行)、あかりの弟・薪人(那智)には、それぞれ家族なのに知らないSNS上での本当の姿があった。家族がバズった先にある物語とは―――?

ナマハゲチョップは、あかりがナマハゲの格好をして世の中の不満をぶちまけるキャラクターで、劇中で悩み相談の動画を投稿していた。一方、現実世界でもナマハゲチョップを名乗るTwitterアカウントが開設され、ドラマ視聴者の悩みを受け付けていた。今回配信されたチェインストーリー第9.5話では、ナマハゲチョップがTwitterに寄せられた「部活の監督に対する不満」や、「2時間の映画にギリギリ耐える程度のぼうこう」という悩みに、「ナマハゲチョップ!」とお決まりのセリフを交えながら答えていた。

「向かいのバズる家族」は過去にも、あかり(内田理央)が劇中でネット生配信を行ったのと同時刻に、内田理央が実際にネット生配信を行って話題になった。今回も、ドラマと現実世界の垣根を越える演出で注目されそうだ。

【無料配信】「向かいのバズる家族」配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW