乃木坂46・山下美月を軟禁する岡田義徳が「怖すぎる」と話題/「電影少女」8話

2019/6/ 3 11:15

乃木坂46の山下美月が主演を務めるテレビ東京系ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第8話が、5月30日に放送された。神尾マイ(山下美月)を軟禁する高校教師・松井直人(岡田義徳)が「怖すぎる」と話題になっている。

サムネイル
イメージ画像 Red heart locked with chain Love concept(写真:アフロ)


乃木坂46・山下美月を軟禁「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第8話を配信中>>

原作は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されていた桂正和の漫画「電影少女」。ビデオの中から現れた美少女"ビデオガール"をめぐるラブコメディだ。健人(萩原利久)のビデオガールのマイ(山下美月)は、ビデオを再生した健人(萩原利久)の命令に全て従い、由那を取りまく男たちを次々と排除していった。

過去に自身もビデオを再生しており、そのせいでマイに人生を狂わされたと語る松井は、彼女を放送室に軟禁した。マイが男を誘惑する姿や、マイのせいで道を誤った男たちの映像を強制的に見させて、「もう1度、こいつらが君と出会ったら、君は形が変わるまで殴り続けられるか、磔(はりつけ)にされ、髪を焼かれ......」と残酷な言葉を投げかけた。精神的に追い詰めることでマイを完全にコントロール下に置いた松井は、彼女を放送室から自宅へ連れて帰った。松井の仕打ちによって、マイの顔からは表情が消えていった。

ネット上では、「怖すぎる」「狂気の塊」「なんてことしてんだよ......」といった声が上がり、恐怖を感じる視聴者も少なくないようだった。また、「狂ってていいなー」「この人ほんとうまい」と岡田の演技を称賛する声も上がっていた。

乃木坂46・山下美月を軟禁「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第8話を配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW