男は熱い男のドラマが好き!?  ~福山雅治「集団左遷!!」を女の視点で斬る~

2019/6/ 4 11:30

「集団左遷!!」が第1章を終えた。
片岡支店長(福山雅治)率いる蒲田支店の銀行員たちは、チーム一丸となって窮地を乗り切った。そして各行員は次のステージへ移って行った。主人公の片岡は、本部の融資部付部長となったが、まだまだ"困難が待ち受けている感"満載な第2章に突入した。

サムネイル
3ドラマの個人視聴率比較


【無料配信】「集団左遷!!」最新話を配信中>>

■第2章での闘い

第1章は地元の中小企業の融資を中心に、本部から課せられたむちゃくちゃなノルマを達成するべく、蒲田支店が一丸となって、無理難題に挑んでいくストーリーだった。
最終回に向けて折り返し地点を通過した第2章では、支店での戦いから本部のグレーゾーンに一歩を踏み出した片岡洋(福山雅治)と真山徹(香川照之)が、新たな男社会のサバイバルゲームにどう対応するのかに期待感が高まる。

三友銀行の管理職は、会長・頭取以下、専務などの役員や各部の部長がいて、末端に支店長などがいる。
そのピラミッド型に配置された人間関係の中に、合併前の旧組織に由来する派閥がある。そして自己の利益と出世をかけた生き残りゲームが行われている。
時間と労力などの犠牲を払いながら、うまく上へのし上がったとしても、いつ突き落とされるかわからない世界だ。

女社会にも別のストレスはある。
日常的に細くて積もってゆくような、より現実的な面倒や、"女だから"という異なる種類の困難が多々ある。同じTBSでも吉高由里子主演「わたし、定時で帰ります。」では、セクハラや産休明けの働き方など、女の視点でも描かれたお仕事ドラマだが、ここでは「集団左遷!!」が描く男社会に焦点を当てて見てみよう。

■企業組織の宿命

ここ20年で共働きが増えたとはいえ、家族の大黒柱となって家庭や子供を養わなければならないのが、結局スタンダードな男の人生だ。
そんな男の生き方には、大別して2パターンある。
一つは仕事も派閥も無難な真ん中を選び、安泰な老後に向けとにかく安定を求めるタイプ。
もう一つは、野心と強い正義感が隠しきれず、リスクが高いとわかっていながらも、真実を追い求めながら突き進んでしまうタイプ。

そして両タイプに言えるのは、ものすごく賢くないとどの道生き残れないという厳しい現実だ。
いつ誰につぶされるかわからない不安定な立ち位置。その中で誰を信用し、どこまで心を打ち明け、グレーゾーンぎりぎりの状況で、与えられたタスク以上の業務をこなして実績を作らなければならない。
それには人間関係・実務・派閥争いなど、すべてにおいての微妙なバランス感覚が求められる。

■弱者が強者に挑む醍醐味(だいごみ)

一歩間違えば、失うものはデカイ。
そもそも企業社会には、がんじがらめの規則、"空気を読む"日本人の根回しや形式などが多い。ただしその割に形式のウラには、真っ黒に塗りつぶされたカネと欲で固められた"本音"が潜んでいる。

しかもそれらは、通常の業務をこなした後の、オプション的な業務となっている。
「うわぁ。。」と正直顔をしかめたくなるような男の人生だ。体を壊し、心も壊れ、自殺率も世界ナンバーワンの日本社会で生きていかなければいけない。
それでもなぜ、片岡のような正直な銀行員のドラマが生まれるのだろうか。四面楚(そ)歌・絶体絶命な状況でも、損得を超えて"頑張ってしまう"男が主人公になるのか。

それは、男はプライドで生きているからではないか。
真山の誠実さ、蒲田支店の行員たちが見せた"銀行員としてのプライド"は、片岡が自身の本心を見せながら支店の中で築き上げたものだ。
そのプライドがあるから、前に進める。そんなメッセージを真正面から受けて、いつの間にか応援している自分がいる。

■自分を重ね合わせる男たち

関東地区で2000世帯5000人以上の視聴率を測定しているスイッチ・メディア・ラボによれば、TBSのお仕事ドラマは男女20~64歳によく見られている。世帯視聴率では13.3%の天海祐希主演「緊急取調室」がトップだが、20~64歳では負けるどころか、大きく上回る層もある。
やはり自分と重ね合わせて仕事の仕方、組織と個人の関係を見つめ直す人は少なくないようだ。

また同じお仕事ドラマでも、IT企業のアラサー女性ディレクターを主人公にした「わたし、定時で帰ります。」では、やはりF1F2(女20~49歳)の視聴率が圧倒的だ。
ところが「集団左遷!!」では、20~64歳の女性にもよく見られているが、M2(男35~49歳)と特にM3-(男50~64歳)に断トツで見られている。
やはり大半が男社会となっている日本の企業で、組織と個人のあり方に疑問を持つ男は少なくなく、組織に抵抗する熱い男たちの生きざまは、そうした層にしっかり届いているようだ。

これから片岡と真山が暴いていく、男社会のグレーゾーンを覗(のぞ)かせてもらうのは楽しみだ。
とにかく最後まで頑張り続ける男たちにエールを送りたい。

【無料配信】「集団左遷!!」最新話を配信中>>

コラムニスト:はたじゅんこ