瀬戸康史演じる"是枝派"が急増中「笑顔が切ない」/「パーフェクトワールド」第7話

2019/6/ 5 16:20

障がいのある青年との純愛を描いたカンテレ・フジテレビ系列ドラマ「パーフェクトワールド」第7話が、6月4日に放送された。是枝洋貴(瀬戸康史)が川奈つぐみ(山本美月)にプロポーズして成功。幸せの絶頂だったはずの是枝に対して、「切ない」という声が集まっている。

サムネイル
瀬戸康史演じる"是枝派"が急増中「笑顔が切ない」/「パーフェクトワールド」第7話


切ない笑顔が胸に刺さる、是枝洋貴を演じる瀬戸康史 >>

「パーフェクトワールド」は、漫画雑誌「Kiss」(講談社)にて連載中の有賀リエによる同名漫画が原作。建築士の鮎川樹(松坂桃李)は、大学生のときに遭った事故が原因で下半身不随になり、好きだったバスケットボールも恋愛ももうしないと心に誓っていた。しかし、高校時代の同級生・川奈つぐみと偶然再会して、心が少しずつ開かれていく―――。

ずっと思いを寄せてきたつぐみと付き合うことになった是枝は、焦ってプロポーズの答えを催促してしまう。つぐみの「私でよければお願いします」という返事に、是枝は「えぇ!? 結婚してくれるの......?」と思わず立ち上がって驚いた。両親へのあいさつも済ませ、幸せの絶頂にいる是枝。一方、つぐみは、仕事で再会した樹に「幸せになれよ」と声をかけられて、複雑な表情を浮かべていた。

プロポーズが成功したとはいえ、つぐみが樹への思いを完全に断ち切っていないことを知っている是枝は、時折思い詰めるような顔をしていた。ネット上では、「是枝......」「私は是枝派だぞ!」「是枝がんばって!」「喜んでた笑顔が切なすぎる」「是枝、本当にいいやつだよね」「是枝から目が離せない」と是枝を応援する声が多数上がっていた。

切ない笑顔が胸に刺さる、是枝洋貴を演じる瀬戸康史 >>

(文/沢野奈津夫@HEW