佐藤隆太、学生時代の恋を赤裸々に語る......バナナマンと青春トークで「バンド組みましょうか?」

2019/6/ 5 18:28

俳優の佐藤隆太が、学生時代の甘酸っぱい恋愛について赤裸々に語った。お笑いコンビ・バナナマンとの青春トークが盛り上がり、「バンド組みますか!」という発言まで飛び出した。

サムネイル
佐藤隆太/Sept 3, 2009 .(写真:アフロ)


佐藤隆太、バナナマンがユニコーンを熱唱>>

バナナマンとゲストがドライブを楽しむテレビ朝日系バラエティ「バナナマンのドライブスリー」の6月4日放送回に、佐藤隆太が登場した。同番組では、「青春スリー」と題して、佐藤隆太が青春を思い出せるように、学生時代に通ったレストランやスポーツテーマパークなどを巡った。

恋愛が話題に上がると、佐藤は高校時代を振り返った。当時の佐藤は、教室から校舎の中庭を見ていて、「頭をちょんまげみたいにして、購買で買ったアメリカンドッグを頬ばりながら歩いている女の子」に一目ぼれしたそう。その頃人気だった女優の内田有紀を思わせる、ひとつ年下の後輩だったが、佐藤は「当時すごいシャイで、はっきり『好きだ』って言えなかったんです。僕は伝わっているだろうって思っていたんですけど、全然伝わってなかったみたいで......。結局付き合うこともできなかった」と甘酸っぱい失恋話を語った。

また、学生時代に設楽がバンド活動をしていた話題になると、佐藤も「僕もユニコーンのコピーやってました。その時はドラム叩(たた)いてました」と明かした。すると日村が「かっこいい人はバンド。1軍はバンド!」と嫉妬交じりに学生時代を振り返るなど、3人は青春トークで大盛り上がりだった。その後、車内で3人はユニコーンの「スターな男」を熱唱。佐藤は、「バンド組みません!?」というコメントが飛び出すほど、テンションが上がった様子だった。

佐藤隆太、バナナマンがユニコーンを熱唱>>

(文/沢野奈津夫@HEW