「年を取ったら嫌われると思ってないとダメ」......マツコ&有吉が"若者との距離感"について語り合う

2019/6/ 6 18:36

タレントのマツコ・デラックスとお笑い芸人の有吉弘行が、若者との距離感の取り方について持論を展開した。あくまで自然体でいることが大事と結論づけている。

サムネイル
March 13, 2019, Tokyo, Japan - Matsuko Deluxe attends a promotional event of Japanese cosmtics giant Shisedo's(つのだよしお/アフロ)


マツコ&有吉が「コスパか、クオリティか?」「若者との距離感」について議論>>

6月5日放送のテレビ朝日系「マツコ&有吉 かりそめ天国」に、「若いころに嫌いだった大人に自分がなっている」という悩み相談が届いた。有吉は、若者に嫌われないために「俺は理解者だぞ!」と理解者ぶる大人も嫌われるという持論を展開。マツコが「そっちのほうが嫌われる」と同意すると、有吉は「『年を取ったら嫌われる』って思ってないとダメ」と結論づけていた。

一方で有吉は、「後輩の立場からしたら、たまに好きな年寄りもいる」と必ずしも嫌われるとは限らないことを指摘した。しかし、「その人みたいに......って思うけど、それはまた違う」とコメントし、マツコも「自分から相性のいい若者を探しにいっちゃだめよね」と続けた。最後に有吉は、「『こういう風にいなきゃいけない』なんて間違い」「『こんな上司は嫌われる!』みたいな雑誌読むのが1番ダメよ」とあくまで自然体でいることの大切さを語っていた。

マツコ&有吉が「コスパか、クオリティか?」「若者との距離感」について議論>>

(文/沢野奈津夫@HEW