ここから本文です

毎回さまざまなゲストが登場し、自身の衝撃的過去を反省する「有吉反省会」(日本テレビ・読売テレビ系)。6月15日の放送では、タレントのあぢゃが登場しました。

サムネイル

イメージ画像(写真:アフロ)


35歳のあぢゃも相変わらずヤマンバギャル>>

あぢゃは、かつてガングロブームが巻き起こった際、"ヤマンバギャル"の代表格として一躍時の人になりました。元号が令和になり、平成を振り返る特番であちこちのテレビ番組に呼ばれたことに味をしめており、「ガングロを復活させ、荒稼ぎをもくろんでいること」を反省します。かつてのギャルも今や35歳、銀座の高級クラブでホステスをしているそうです。

スタジオには、ガングロのヤマンバメイクで登場。「ヤバタニ」や「オメガ(お目が高い)」などのギャル用語を駆使していました。お笑いタレントの有吉弘行が「ギャルはこれくらいであってほしい。みちょぱ(モデルの池田美優)は全然ダメ」と冗談めかしてコメントすると、あぢゃも「ダメタニ! ダメタニ!」と返していました。

平成を振り返る企画が盛り上がったことで、「中古車2台分くらい」稼いだとのこと。少々ピンと来ない例えではありますが......。また、超大物映画監督と偶然出会ったエピソードを明かすと、有吉はじめスタジオ中が「えー」と驚きの声を上げていました。35歳にしてガングロギャルになったあぢゃの「ヤバタニ」ぶりがよく出ている回で、タレントの指原莉乃も「最近の中で最もクソ回」と評していました。

そんなあぢゃへの禊(みそぎ)は「ヤマンバが出ると言われている超激ヤバ心霊スポットで恐怖体験」というもの。本人は「本当にヤダ」と拒否していましたが、もちろん許されません。この模様は近日中に公開されます。

35歳のあぢゃも相変わらずヤマンバギャル>>

(文/関口賢@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ