しじみを殻ごと!? なんでもむかずに食べる"むかない安藤"に注目

2019/6/19 18:43

しじみ、ヘーゼルナッツ、ゆでアヒル卵など殻付きの食材でも"むかず"に食べる姿を公開している動画配信者・むかない安藤が静かに人気を集めている。

サムネイル
イメージ画像(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)


「歯と同じ固さ」のピスタチオ>>

「地下鉄の味すんな、これ」のピータン>>

「殻ごと食えればエボリューション」のしじみ>>

必殺技が飛び出すほど固い加賀太きゅうり>>

口内炎でもアンデスメロンに皮ごとかぶりつく>>


むかない安藤は、殻や皮つきの食材をむかずに食べてしまう、10秒ほどのショート動画をアップし続けている。むかずに食べる理由は、「ワイルドでかっこよかったり手が汚れなかったりします」とのことで、あくまで本人は「芸人ではなく、むかない活動」と位置付けている。

これまで安藤がむかずに食べてきた食材は、メロン、デコポン、柿、しじみ、刺身用赤エビ、レモンなど数百種類に及び、ときにはレトルト食品にパウチごとかぶりつくことだってある。固すぎて噛(か)めないときに使う、あごに加えて腕の力も利用する必殺技も持っている。

そんなむちゃを続ける安藤だが、食レポだって秀逸だ。刺身用赤エビを食べたときは、「ガラス食ってるみたい」、アーティチョークの回では、「プラモデルみたい」とコメントしていた。また、ヘーゼルナッツを噛(か)んだときは、「ハマグリぐらい固い」と、さまざまな食材をむかずに食べてきた安藤ならではの感想を述べていた。白ナスを「イルカの感触がするんだよ」表現するなど、独特の言語センスを発揮することもある。

数年間、ただひたすらむかずに食べ続ける安藤。むかずに食べるだけのショート動画にもかかわらず、なかにはYouTubeで数万再生を記録する動画もある。地道なむかない活動にハマるファンは、徐々に増え続けているようだ。

「歯と同じ固さ」のピスタチオ>>

「地下鉄の味すんな、これ」のピータン>>

「殻ごと食えればエボリューション」のしじみ>>

必殺技が飛び出すほど固い加賀太きゅうり>>

口内炎でもアンデスメロンに皮ごとかぶりつく>>

(文/沢野奈津夫@HEW