「進撃の巨人」第57話は情報量がすさまじい伏線回収回 寝癖ミカサも「かわいい」と話題に

2019/6/21 10:50

6月16日深夜にNHK総合にて放送されたTVアニメ「進撃の巨人」第57話では、前回に続き、エレンの父・グリシャの過去が語られた。次々と明かされる真実に、あらためて「進撃の巨人」という物語の複雑さを感じた視聴者も多かったようだ。

サムネイル
(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会


【無料配信】「進撃の巨人」最新話を配信中>>

TVアニメ「進撃の巨人」Season 3 Part.2が、4月28日深夜より放送中。最新話「あの日」では、グリシャがいかにしてこの世の真実と向かい合うことになったのかが描かれた。

グリシャが壁の外からやってきた人間ということが前回明かされた。では、壁の外には何があるのか? そして、壁の中の世界はどのように生まれたのか――? そういった歴史の流れに加えて、エレンの母親を喰(く)った巨人など物語序盤に登場した巨人たちの正体まで明らかになった。これまでの伏線が次々と回収されて、Twitter上では、「情報量が多過ぎるんだが今話」「開始10分以内の情報量が過去最大」「今までも伏線だらけだと思うとこの先怖い」といった声が上がっている。

そんなショッキングな内容の中で、ミカサの豪快な寝癖頭は貴重な癒やし要素になった様子。「ミカサの寝癖やばいwwかわいすぎるわw」「ミカサの寝癖が芸術的」「ミカサの強烈な寝癖にはほっこりしました」とこちらも話題になっているようだ。

ミカサの芸術的な寝癖頭がかわいい「進撃の巨人」第57話配信中>>

(文/原田美紗@HEW