菅田将暉が「パーフェクトワールド」最終回にサプライズ出演 「使い方がぜいたくすぎる」の声

2019/6/26 16:25

障がいのある青年との純愛を描いたカンテレ・フジテレビ系列ドラマ「パーフェクトワールド」最終話が、6月25日に放送された。主題歌「まちがいさがし」を歌う菅田将暉がサプライズ出演して話題になっている。

サムネイル
菅田将暉が「パーフェクトワールド」最終回にサプライズ出演 「使い方がぜいたくすぎる」の声


「パーフェクトワールド」最終回、メガネ姿の菅田将暉もかっこいい>>

「パーフェクトワールド」は、漫画雑誌「Kiss」(講談社)にて連載中の有賀リエによる同名漫画が原作。建築士の鮎川樹は、大学生のときに遭った事故が原因で下半身不随になり、好きだったバスケットボールも恋愛ももうしないと心に誓っていた。しかし、高校時代の同級生・川奈つぐみと偶然再会して、心が少しずつ開かれていく―――。

人生をともに生きる覚悟を決めた樹とつぐみだったが、つぐみの父・元久(松重豊)から断固反対を受けてしまう。樹が何度も元久のもとへ通い続けるなか、元久が狭心症の発作で倒れてしまう。

樹とつぐみが婚姻届を提出したシーンでは、菅田将暉が役所の職員役で出演した。「間違いありませんので、本日付けで受理させていただきます。おめでとうございます」という短いセリフながら、大切なシーンで存在感を示している。

ドラマでは主役級を演じることが多い菅田だけに、ネット上では、「使い方がぜいたくすぎる!」「一瞬気付かなかった!」「おお、菅田将暉のちょこっと使い......」とぜいたくなサプライズ出演に驚きの声が上がっていた。

「パーフェクトワールド」最終回、メガネ姿の菅田将暉もかっこいい>>

(文/沢野奈津夫@HEW