月9「ラジエーションハウス」が視聴率トップで有終の美(6月17日~23日期間 ドラマ視聴率ランキング)

2019/6/26 17:54

6月17日~6月23日期間中のドラマを、「番組平均世帯視聴率」ランキング形式で紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。フジテレビ系「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」最終話が視聴率トップで有終の美を飾った。

サムネイル
「番組平均世帯視聴率」ランキングを紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)


■第1位 フジテレビ系「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」最終話(6月17日放送) 13.8%

窪田正孝が、掟(おきて)破りの天才放射線技師・五十嵐唯織役で「月9」初主演。"病の写真家"が患者の視えない病を見つけ出して救っていく。放射線技師という医療を縁の下で支えるヒーローたちの戦いを描いている。

唯織は、杏(本田翼)の父親で甘春総合病院の元院長である正一(佐戸井けん太)は、うつ病ではなく別の病気ではないかと考える。ヒントとなったのは、造影CTの際にチューブから造影剤が漏れたことだった。改めて検査した結果、唯織は、正一が低髄液圧症であることを確信する。正一の病気が手術で治る可能性があると知り喜ぶ杏だったが、その矢先に正一が意識障害を起こす。

■第2位 テレビ朝日系「緊急取調室」最終話(6月20日放送) 13.6%

【無料配信】「緊急取調室」最新話を配信中>>

天海祐希が主演を務める「緊急取調室」の第3シーズンが今春よりスタート。通称キントリこと警視庁捜査一課・緊急事案対応取調班のメンバーたちは、取調室という"密室の戦場"で、事件の真実を明らかにしようと奮闘する。

同窓会で同級生らを毒殺した罪で起訴された被告人・北山未亜(吉川愛)と、医大キャンパスで起こった同級生刺殺事件の被疑者・藤井卓生(坂東龍汰)。2人が2カ月前、かつて自分たちを救った地元中学の元校長・染谷巌(吉田鋼太郎)と会っていたことが判明した。真壁有希子(天海祐希)らは、事件のカギを握ると思われる染谷の聴取を開始した。

■第3位 TBS系「集団左遷!!」最終話(6月23日放送) 13.1%

【無料配信】「集団左遷!!」最新話を配信中>>

福山雅治が「日曜劇場」枠で初主演。銀行員の片岡洋(福山雅治)は、支店長への昇任人事を受けるが、赴任先は、廃店が決定している蒲田支店だった。窮地に立たされた銀行員たちが、巨大組織の理不尽に立ち向かう。

副頭取にまで上り詰めた横山(三上博史)は、「島津議員(石丸謙二郎)への献金記録が書かれた手帳を渡せばすべてを水に流す」と片岡に持ちかける。横山の言葉を突っぱねた片岡は、真山(香川照之)とともに手帳の裏取りを進めていくが、それを知った横山は真山を出向させてしまう。

■「特捜9」、「わた定」と続く

【無料配信】「特捜9 season2」最新話を配信中>>

【無料配信】「わたし、定時で帰ります。」最新話を配信中>>

第4位にはテレビ朝日系「特捜9 season2」(12.7%)、第5位にはTBS系「わたし、定時で帰ります。」(12.0%、新潟・山形地震の発生のため放送中断)と続いた。

今クールは、テレビ朝日系のミステリードラマがトップ3を独占することもあったが、月9と日曜劇場が最終話でブランドの意地を見せた。次週の視聴率トップは、最終話の放送が1週ズレこんだ「わた定」が本命と思われるが、番狂わせは起きるのか?

(文/原田美紗@HEW