木村拓哉、学生時代の懐かしの通学路でロケ「自分の一部を知られるようで恥ずかしいね」

2019/6/30 12:00

木村拓哉が、通っていた学校があった代々木上原で散歩ロケを行った。懐かしの通学路を歩きながら、「自分の一部を知られるようで恥ずかしいね」と照れ笑いを浮かべていた。

サムネイル
木村拓哉の初めてのWEB番組「木村さ~~ん!」(毎週日曜、正午更新)
(C)Johnny&Associates


木村拓哉、青春時代の通学路で照れ笑い>>

木村にとって初めてのウェブ番組「木村さ~~ん!」第48回で、歌手の森山直太朗とともに代々木上原で散歩ロケを行った。「この階段、昔からあるもんね?」「あっちも攻めたいな」「この一方通行よく使った」と昔懐かしい道を森山と歩き、木村は笑顔を見せていた。

サムネイル
木村拓哉の初めてのWEB番組「木村さ~~ん!」(毎週日曜、正午更新)
(C)Johnny&Associates


慣れ親しんだ土地でのロケに突然照れが生じたのか、「なんか、自分の一部を知られるようで恥ずかしいね」とはにかむ木村。照れ笑いを浮かべつつも、「ここ俺、通学路だった」「そこが(通っていた)学校の跡地」と青春時代を過ごした代々木上原を紹介していた。また、森山がオススメする雑貨屋や家具屋を回った木村は、自身の買い物をするなど、懐かしい代々木上原を楽しんでいた。

木村拓哉、青春時代の通学路で照れ笑い>>

(文/沢野奈津夫@HEW