「殺られる前に暴いてやる。」......「あなたの番です―反撃編―」は6月30日より放送開始

2019/6/28 15:47

2クール連続放送の日本テレビ系ドラマ「あなたの番です」が、6月30日の放送より「あなたの番です―反撃編―」として新章に突入する。回を増すごとに深まる謎に加えて、田中圭演じる手塚翔太の変貌に注目が集まる。

サムネイル
田中圭/Feb 7, 2019 : The 43rd Elan d'or Award ceremony in Tokyo, Japan.(写真:YUTAKA/アフロ)


「あなたの番です」第1話~第5話ダイジェスト>>

「あなたの番です」第6話~第10話ダイジェスト>>

衝撃のラスト......第1章完「あなたの番です」第10話>>

菜奈と翔太の出会いからプロポーズまでの軌跡を描く「あなたの番です」特別編>>

秋元康が原案の「あなたの番です」は、とあるマンションに引っ越してきた手塚翔太(田中圭)・菜奈(原田知世)夫妻が、マンション住民による"交換殺人ゲーム"に巻き込まれてしまうミステリードラマ。交換殺人ゲームとは、13人のマンション住民がそれぞれ「殺したい人」を紙に書き、ランダムに引いていくだけの遊びだ。「ムカつくやつの名前を書いたらスッキリするかも」と軽い気持ちで始まった遊びだが、名前を書かれた人間が実際に殺されていく――。

"毎週、死にます。"という衝撃的なキャッチコピーのとおり、物語の中では次々と人が殺されていく。マンション住人に限らず、住民の職場関係の人間や芸能人にまで被害が広がり、スケールの大きな連続殺人が展開されていった。

事件解決の糸口を探す者、保身に走る者、マイペースに過ごす者とマンション住民の行動はさまざまだ。W主演の1人である原田知世が演じる菜奈は、住民会会長の早苗(木村多江)や女子大生・黒島沙和(西野七瀬)とともに事件の謎に挑む。しかし、早苗には裏の顔があった――。翔太らの活躍で救われた菜奈だったが、事件でケガを負った翔太が病院から戻ると、菜々は青白い顔でベッドに横たわっていた。

主演の1人が死んでしまう衝撃のラストを迎えた第1章。「殺られる前に暴いてやる。」というキャッチコピーが付けられた第2章「―反撃編―」では、翔太が、AIを研究する大学院生・二階堂(横浜流星)とともに殺人鬼の正体を追う。これまでは明るく人懐っこいキャラクターの翔太だったが、「―反撃編―」の予告には怒り狂う姿が収められている。犯人や事件の真実はもちろん、大切な人を失った翔太の変貌ぶりにも注目が集まる。

「あなたの番です」第1話~第5話ダイジェスト>>

「あなたの番です」第6話~第10話ダイジェスト>>

衝撃のラスト......第1章完「あなたの番です」第10話>>

菜奈と翔太の出会いからプロポーズまでの軌跡を描く「あなたの番です」特別編>>

(文/沢野奈津夫@HEW