チョコプラら実力派芸人によるコントが放送ギリギリ!? 「これは流して大丈夫?」の声

2019/7/ 1 18:00

5月23日に東京・豊洲PITにて行われた「ネタギリッシュNIGHT チャンピオン大会」の様子が、テレビ東京系バラエティ「ゴッドタン」で放送された。下ネタ満載の内容に「これは流して大丈夫なの?」という声が寄せられている。

サムネイル
November 19, 2018 - Japanese comedy duo ChocolatePlanet Syun Matsuo (L) with Shohei Osada (R)(写真:つのだよしお/アフロ)


チョコプラらによる、放送ギリギリの下ネタ賞レース>>

女性が笑えるちょうどいいレベルの下ネタで競う「ゴッドタン」の人気企画「ネタギリッシュNIGHT」。AMEMIYA、ザ・ギース、さらば青春の光、ジョイマン、タイムマシーン3号、チョコレートプラネット、プラス・マイナス、マツモトクラブといった実力派芸人たちがチャンピオン大会に出場した。6月29日に放送された「ゴッドタン」では、前回に続き、大会の様子を流した。

プラス・マイナスは、結婚のあいさつを題材に、ストレートすぎる下ネタをふんだんに盛り込んだ漫才を繰り広げた。劇団ひとりから「IMALUさんの名前はここでは出さないでほしい」とツッコミが入るも、岩橋良昌は「迷ったんですけど、『ゴッドタン』ということでGOサインを出させていただきました」と返して笑いを誘っていた。

マツモトクラブは、すぐに店長と肉体関係を持ってしまう女性"もりながさん"と喫茶店店主のやりとりを1人コントで演じた。こちらも下ネタではあるが、劇団ひとりは、「こっちに感情を読ませてくれる余分がある」とひとつのコントとして絶賛していた。大トリとして登場したさらば青春の光は、電動マッサージ機を開発した男の悲哀を描いたコントで、会場を大いに盛り上げていた。

ちょうどいいレベルの下ネタで競うはずの大会だが、結局は過激ネタが続出。視聴者からはネット上で「これは流して大丈夫なの?」「テレビでこんな下ネタ初めて見たw」「どこが丁度いいだよ! 男でもビックリしたわw」など驚きの声が上がっていた。

チョコプラらによる、放送ギリギリの下ネタ賞レース>>

(文/沢野奈津夫@HEW