三四郎・小宮がロシア美女とデート 花束を買いに走らされるも"下僕感"が「気持ちよかった」!?

2019/7/ 4 16:36

三四郎・小宮浩信が、ロシア人モデルの女性とデートするロケ企画に挑戦。小宮は、「下僕感が悦に入って気持ちよかった」と感想を残している。

サムネイル
三四郎・小宮(左)2015年トレンドニュースインタビュー時


三四郎・小宮がロシア人モデルとデート「もう1回会いたい」>>

7月3日放送のテレビ朝日系『マツコ&有吉 かりそめ天国』で、三四郎・小宮浩信が外国人女性とデートする人気企画の第3弾が行われた。フランス人、ブラジル人に続いて今回登場したのは、来日4年目というロシア人モデルのジェーニャだった。

待ちあわせに13分遅れた小宮に、ジェーニャは「遅いよね。レディーファーストの国だからね」と少し不機嫌な表情。さらに初デートでは花束をプレゼントするのがロシアの風習だとして、小宮は1人で花束を買いに行かされてしまった。不満そうに花屋に走る小宮だったが、このことを後に「意外と気持ちよかった。気高い感じの人に対して、バラを走って持って行ってる自分は、下僕感が悦に入って嫌いじゃなかった」と振り返っている。

小宮にスリーサイズを聞かれて不機嫌なジェーニャだったが、水族館ではイルカのショーでビショビショになりながら小宮に抱きつくなど、笑顔を見せていた。またランチでは小宮から、「実家がアパートを経営しており、家賃収入が30万円ある」など生々しい話も飛び出した。小宮は1日のデートを終えて、「クセになる。中毒性ありますね。どこが地雷かわかんないから、よかったときのうれしさったらハンパない。もう1回会いたいなとは思います」と語っていた。

三四郎・小宮がロシア人モデルとデート「もう1回会いたい」>>

(文/沢野奈津夫@HEW