ここから本文です

日本テレビ系ドラマ『偽装不倫』が7月10日にスタートした(毎週水曜22時より)。主人公・濱鐘子(杏)を誘惑する年下男子・伴野丈(宮沢氷魚)が「イケメン」と話題になっている。

サムネイル

杏/Tokyo international film festival Opening Ceremony in Tokyo, Japan on October 23, 2010.(写真:Keizo Mori/アフロ)


年下ミステリアス男子・宮沢氷魚がイケメンすぎる『偽装不倫』第1話>>

原作は、日本テレビ系でドラマ化された『東京タラレバ娘』などのヒット作を生み出した東村アキコによる同名漫画(文藝春秋・LINEマンガで連載中)。32歳独身、彼氏なしで実家暮らしの"パラサイトシングル"鐘子(杏)は、7つ年下のイケメン・伴野丈(宮沢氷魚)と出会うが、つい既婚者だとうそをついてしまう......。

第1話で鐘子は、「どうせみんな不倫するんだから結婚に意味はない」と婚活をやめる決意を固めた。しかし、一人旅中に飛行機で出会った伴野丈のイケメンぶりに動揺するあまり、つい既婚者の振りをしてしまった。"人妻"といううその設定を引きずったまま、食事に誘われた鐘子は、その夜、丈から「僕と不倫しませんか?」と誘われる。

鐘子の7歳年下の丈を演じるのは、ロックバンド・THE BOOMの宮沢和史の息子である宮沢氷魚だ。カリフォルニア州出身で海外生活が長い氷魚は、スペインでカメラマンとして活動する丈と、バックグラウンドも似ていると言える。年上の鐘子を紳士的にリードする姿が印象的だ。

ネット上では、「イケメン過ぎるッ!」「モデルだけあってスタイル抜群!」「杏とお似合い」「ただの王子様じゃん」「旅先でこんなイケメンに出会うって全女子の夢じゃない?」など氷魚のイケメンぶりが話題になっている。

年下ミステリアス男子・宮沢氷魚がイケメンすぎる『偽装不倫』第1話>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ