ここから本文です

読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『わたし旦那をシェアしてた』第2話が7月11日に放送された(毎週木曜23時59分より放送)。今年3月までNHKの子供向け番組『おかあさんといっしょ』で体操のお兄さんを務めていた小林よしひさが、ドラマ初出演を果たした。

サムネイル

元"体操のお兄さん"小林よしひさが『わたし旦那をシェアしてた』でドラマ初出演


よしお兄さんが踊る"マンゴー体操">>

チェインストーリー第2.5話でもよしお兄さんがマンゴー体操>>

森下晴美(小池栄子)は、事実婚をしている夫・天谷恭平(平山浩行)と幸せな日々をおくっていた。そんなある日、夫が殺害されたと警察から連絡が入る。病院に駆けつけると、自分たちも恭平と事実婚をしていたと主張する小椋加奈子(りょう)と藤宮茜(岡本玲)の姿があった。3人とその連れ子たちは、恭平の遺言により、シングルマザー専用シェアハウス"シングシングハウス"で同居生活を送ることになる。

シェアハウスで子供たちが見ていた子供向け番組の中に小林が登場。着ぐるみ2体と一緒に"マンゴー体操"というダンスを踊っていた。また、物語と物語を繋ぐチェインストーリーの第2.5話では、シェアハウスで雑用係を務める松田秀明(赤楚衛二)と子供たちが、テレビの中のよしお兄さんをマネしてダンスするシーンもあった。

小林の出演に、ネット上では「今よしお兄さんいなかった!?」「よしお兄さんドラマ出演おめでとう!」「マンゴー体操もうちょっと見たかった」「マンゴー体操のクオリティが高い」などさまざまな声が上がっていた。

よしお兄さんが踊る"マンゴー体操">>

チェインストーリー第2.5話でもよしお兄さんがマンゴー体操>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ