美人すぎるヴァイオリニストの舌がヤバい 「口の中に爆弾バーン」な激辛料理も完食

2019/7/26 15:05

美人すぎるヴァイオリニストとして話題の岡部磨知が、自宅でハバネロを栽培するほどの激辛好きであることを明かした。お笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤が「口に爆弾入れられたみたい」と評した激辛担々麺を完食し、共演者を驚かせた。

サムネイル
イメージ画像(写真:アフロ)


超激辛担々麺をすする姿も美しい!? 美人すぎるヴァイオリニスト>>

7月25日放送のテレビ東京系『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』に、岡部磨知が登場。岡部は激辛好きが高じてハバネロを自宅で栽培していると語り、初めてハバネロを収穫したとき、「ヴァイオリンを引退しないといけないかも」と悩むほど手が腫れてしまった失敗談も披露した。現在は、ゴーグルにビニール手袋をつけて収穫しているという。

そんな岡部のために番組は、東京都内でトップと言われる辛さを持つ『護摩龍』の辛さレベル"無限"の担々麺をスタジオに用意。いまだ完食者がいないという担々麺を1口食べた名倉は、「口の中に爆弾バーンって入れられたみたい」と悶絶(もんぜつ)。過去にバラエティで数々の激辛料理を食べてきた名倉が、「これナンバーワン。ダントツ」とコメントしていた。

しかし、岡部は大口で担々麺をすすると、「イケるかもしれないです」と笑顔を見せた。「今まで食べてきた中で1番辛いです」と言いながらも、完食して共演者らを驚かせていた。

超激辛担々麺をすする姿も美しい!? 美人すぎるヴァイオリニスト>>

(文/沢野奈津夫@HEW