『刀ミュ』俳優・高野洸の"バク転バックハグ告白"が斬新すぎるけどキュンする

2019/7/26 16:20

ミュージカル『スタミュ』虎石和泉役やミュージカル『刀剣乱舞』膝丸役などで知られる俳優の高野洸が、テレビ東京系『テレビ演劇 サクセス荘』で斬新な告白シーンを披露した。「不覚にもキュンとしてしまった」などと話題になっている。

サムネイル
イメージ画像(写真:アフロ)


運動神経バツグン! 高野洸のバク転バックハグ>>

『テレビ演劇 サクセス荘』は、リハは一度だけ、本番一発勝負というコンセプトの"テレビ演劇"。和田雅成、高橋健介、高野洸、高木俊、黒羽麻璃央、有澤樟太郎、荒牧慶彦、定本楓馬、玉城裕規、寺山武志たち人気2.5次元俳優が、「成功を夢見る若者たちが住み、いつか必ず夢をかなえて巣立っていく」という伝説を持つアパート"サクセス荘"の住人を演じる。

7月25日に放送された第3回『真夜中のパジャマパーティー』では、漫画家志望のケント(黒羽麻璃央)が、漫画の先の展開に悩み、できあがっている原稿をみんなに読んでもらうが......!? それぞれが胸キュンなシチュエーションのアイデアを出し合う中で、"耳パタ"という謎の言葉も生まれた。その中で、アクション俳優志望のノブ(高野洸)が提案したのは、バク転した後にヒロインを後ろから抱きしめて「付き合ってくれ」と耳元でささやく斬新な告白シーンだった。

「バク転で近づく意味ある?」ともっともなツッコミも入れられた告白シーンだが、思わずときめいてしまった視聴者も多い様子。Twitter上では、「新しいけどふつうにきゅんする(バク転なぞだけど)」「ノブくんのバク転ハグ(?)で恋に落ちないわけなくない?」「不覚にもバク転告白にキュンとしてしまった自分がいる...」といった声が上がっている。

運動神経バツグン! 高野洸のバク転バックハグ>>

(文/原田美紗@HEW