"路上の伝説"朝倉未来が、矢地祐介に激勝!『RIZIN.17』の全試合を無料配信中

2019/7/29 13:00

7月28日、格闘技イベント『RIZIN.17』がさいたまスーパーアリーナで開催された。メインイベンターを務めたのはRIZINでいまだ無敗の朝倉未来と、山本"KID"徳郁の遺志を継ぐ"KRAZY BEEのお祭り男"矢地祐介。試合前から挑発合戦が繰り広げられた因縁マッチは、打撃戦を制した朝倉に軍配が上がった。

サムネイル
『RIZIN.17』お前を越えなきゃ、はじまらない。


【無料配信】『RIZIN.17』配信中>>

【無料配信】過去「RIZIN」大会 試合映像も配信中>>


地元・豊橋でケンカに明け暮れ、"路上の伝説"と呼ばれた朝倉未来。腕自慢のならず者が集まる総合格闘技イベント・THE OUTSIDERで史上初の2階級制覇を成し遂げると、弟・朝倉海ともどもRIZINに殴り込みをかけ、ここまで破竹の4連勝と勢いに乗っている。一方の矢地祐介は五味隆典、北岡悟といったレジェンドに勝利したものの、直近2戦は連敗中と後がない状況。対戦が決まった段階から互いに挑発を繰り返すなど"バチバチ"の雰囲気の中で行われた一戦は、『RIZIN.17』のメインを飾るにふさわしい熱闘になった。

階級が上の矢地を相手に、打撃でプレッシャーをかけて試合をコントロールする朝倉。タックルに活路を見いだしたい矢地だが、朝倉の体幹の強さにテイクダウンを奪えない。終盤は気迫がぶつかるような壮絶な殴り合いとなり、試合終了間際に朝倉がダウンを奪って文句なしの判定勝利。試合後、朝倉は矢地へのリスペクトを示し、年末の開催がうわさされているBellator MMAとの対抗戦に向けて共闘を呼びかけた。

また、『RIZIN.17』には最強王者・堀口恭司を追う"バンタム級四天王"もそろい踏み。第10試合では、修斗フライ級王者の扇久保博正が、元DEEP2階級王者の元谷友貴との"5年越し"の念願マッチで僅差の判定勝利。第11試合は、バンタム級グランプリの決勝で敗れた堀口への雪辱を期する石渡伸太郎が、"寝技王子"佐々木憂流迦を打撃で攻略し、最後は肩固めで一本勝ち。試合後には"四天王"という扱いに不満をぶちまけるなど、マイクパフォーマンスでも会場を沸かせた。

また韓国女子格闘技界のパイオニア的存在で、RIZIN初参戦となったハム・ソヒが、現DEEP JEWELSアトム級王者の前澤智を相手にヒザ蹴りの連打で戦慄(せんりつ)の1RKO勝利。リングサイドで観戦していた山本美憂に対戦要求を突きつけ、注目の日韓対決が実現する運びとなった。その他、川尻達也や北岡悟といった大ベテランたちも熱い戦いを披露した『RIZIN.17』。

【無料配信】『RIZIN.17』配信中>>

【無料配信】過去「RIZIN」大会 試合映像も配信中>>

(文/曹宇鉉@HEW