高橋ジョージ、『ロード』印税でもうけた炎上の裏側明かす......自宅の30畳リビングも公開

2019/7/30 15:55

ロックバンド・THE虎舞竜のボーカルの高橋ジョージが、大ヒット曲『ロード』の驚きの印税について語った。ワイドショーで流されるたびに、印税が発生することを明かした。

サムネイル
イメージ画像(写真:アフロ)


高橋ジョージが、30畳のリビングで1人食事する姿が切ない>>

7月29日にテレビ東京系『テレビに出にくくなった人 ~ネット民よ!再生させよ!世間ザワつき有名人~』が放送された。加藤茶の妻でタレントの加藤綾菜、元衆院議員でタレントに転身した上西小百合、ビッグダディこと林下清志、そして高橋ジョージが出演し、それぞれが炎上した事件について振り返った。

その中で高橋は、大ヒット曲『ロード』の印税について語った。2015年にモラハラ騒動が起こったとき、「俺がワイドショーに出るとき、必ず出ばやし(BGM)が『ロード』なのよ」「ちょろっと流れても何千円かになる。例えば、1日ワイドショーで各局(流れて)、それが毎日になるじゃん。これがけっこうなんですよ」と炎上しながらも多額の印税を得ていたことを明かした。

また、カラオケ印税についても「(1度歌われるたび)だいたい俺のところに7円くらい入る」「7万円くらいなるわけだ、1日で」と細かく説明した。そんな高橋は、現在1人で住んでいる30畳のリビングや、自宅の地下のレコーディングスタジオの写真を公開。さらには、驚きの食生活も明かしていた。

高橋ジョージが、30畳のリビングで1人食事する姿が切ない>>

(文/沢野奈津夫@HEW