EXILE・黒木啓司が小池栄子らを追い回す......「ヘラヘラ顔が怖い」/『わたし旦那をシェアしてた』5話

2019/8/ 2 17:21

読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『わたし旦那をシェアしてた』第5話が、8月1日に放送された。裏サイトで数々の犯罪を請け負う凶悪犯・森雄作を演じるEXILE/EXILE THE SECONDの黒木啓司が話題になっている。

サムネイル
『わたし旦那をシェアしてた』5話 第2章開幕!妻たちを襲う男たちの思惑


EXILE/EXILE THE SECONDの黒木啓司の怪演に注目>>

天谷恭平(平山浩行)と事実婚をしていた晴美(小池栄子)、加奈子(りょう)、茜(岡本玲)。恭平の死をきっかけに3人は、連れ子たちとともにシングルマザー専用シェアハウス「シングシングハウス」で同居生活を送ることになる。恭平が残した遺産3億円と、10個の嘘を巡るミステリー。

第5話では、拉致、強盗、殺人などを請け負ってきた凶悪犯の森が、"加藤"を名乗り、「シングシングハウス」を訪れる。森は、「恭平から『晴美たち3人の相談役になってほしい』と頼まれた」と説明するが、晴美たちは信用できない。しかし、次第に森の話術に引き込まれた3人は、遺産について相談してしまう。しかし、その後、晴美が違和感を訴えると、森の態度が豹変した。

正体を現した森は、ニヤニヤと笑みを浮かべながら逃げる晴美らを追いかけ回した。助けに入った松田(赤楚衛二)を木材で何度も殴打し、刑事の塚本美保(渡辺真起子)にまで暴行を加えた。バイオレンスなシーンを演じた黒木に、「ヘラヘラ顔が怖すぎる......」「心臓がぎゅってなった」「殴り方が本物」など様々な声が上がっていた。

EXILE/EXILE THE SECONDの黒木啓司の怪演に注目>>

(文/沢野奈津夫@HEW