"メンヘラ製造機"中村倫也、黒木華への"鼻スリスリ"ラブシーンが「やべぇ」と話題/『凪のお暇』第3話

2019/8/ 5 17:39

黒木華が主演を務めるTBS系ドラマ『凪のお暇』第3話が、8月2日に放送された。"メンヘラ製造機"の異名を持つゴン(中村倫也)と主人公・凪(黒木華)のラブシーンが話題になっている。

サムネイル
『凪のお暇』でラブシーンが話題の中村倫也


中村倫也の"鼻スリスリ"がやべぇ>>

『凪のお暇』は、『月刊エレガンスイブ』(秋田書店)で連載中のコナリミサトによる同名漫画が原作。場の空気を読みすぎてしまう大島凪(黒木華)28歳は、仕事も恋もSNSも全部やめて人生のリセットを決意。引越し先の六畳一間家賃3万円のボロアパートで、新しく出会った人たちに囲まれながら、凪の人生リセットストーリーが始まる。

第3話で凪は、正式に別れを告げるために慎二(高橋一生)のもとを訪れた。凪が、エリート営業マンである慎二の「肩書に惹(ひ)かれていた」と正直な気持ちを伝えると、慎二は「何様だよ、おまえ」「もともと付き合ってた記憶ないけど」といつも通り虚勢を張った。その後、アパートに戻った凪は隣のゴンの部屋へ。お酒を飲んで本音を明かした凪に、ゴンは優しい言葉を投げかけ、キスをした。さらに2人は、ベッドで濃厚なキスを繰り広げ、鼻と鼻を擦りつけ合わせるラブシーンが繰り広げられた。

ネット上ではファンが、「鼻スリスリされたーい!!」「悶え死んでおります」「キュンキュンしすぎて心臓がもたない」「私の隣にも中村倫也住んでたら......」と大興奮。また、ゴンの正体を知った慎二の「メンヘラ製造機、あいつやべぇやつじゃねぇか」というセリフから、「ゴンやべぇ」「あのキスやべぇんだけど」「確かに鼻スリスリはやべぇ」など「やべぇ」がネットをにぎわせていた。

中村倫也の"鼻スリスリ"がやべぇ>>

(文/沢野奈津夫@HEW