EXIT兼近が桃太郎をチャラく読み聞かせ......"ピーチボーイ"が「面白すぎる」と話題

2019/8/ 6 17:53

ベビーシッターとして働いていた経験を持つお笑いコンビ・EXITの兼近大樹が、昔話「桃太郎」の読み聞かせを披露した。チャラすぎる仕上がりが、「面白すぎる」と話題になっている。

サムネイル
桃太郎がピーチボーイに


EXIT兼近の"ピーチボーイ"が話題>>

8月5日放送の日本テレビ系「しゃべくり007」に、EXITが登場。ベビーシッターを「1~2年」やっていた兼近が、3歳の子供を持つモデルの木下優樹菜を相手に、絵本の読み聞かせを披露した。

「桃太郎」の絵本を手に兼近は、「行きます。ピーチボォーイ!」とタイトルコール。「昔々あるところに、OGS(おじいさん)とOBS(おばあさん)ありけり」とチャラすぎる読み聞かせをスタートした。「おばあさんはまず『109』Here we go! おじいさんがタピオカ屋に並びに行きました」と本物の「桃太郎」とはほど遠いストーリーを展開し、スタジオを沸かせていた。

一方、介護士として「7~8年」働いていたりんたろー。は、おじいさんやおばあさんを寝かしつけるために子守歌を歌っていたと言い張った。木下をおばあさん役に、りんたろー。は、「このベッドは1人じゃ~少し大きすぎて~」とチャラすぎる子守歌を歌い上げた。

EXITのチャラすぎる桃太郎とチャラすぎる子守歌に、ネット上では「ピーチボーイ面白すぎ!」「笑い過ぎてお腹痛い」「りんたろー。さんの歌が妙に上手くて耳に残る」「子供に聞かせてみます!」など様々な声が上がっていた。

EXIT兼近の"ピーチボーイ"が話題>>

(文/沢野奈津夫@HEW