KICK THE CAN CREWが第1回『ROCK IN JAPAN』出演を回想 他アーティストから「うるさい」と言われた

2019/8/ 6 18:10

ヒップホップグループ・KICK THE CAN CREWが、茨城・国営ひたち海浜公園で開催されたロックフェス『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019』(第1日目)に出演。ステージ直後のコメント動画で、『ROCK IN JAPAN』第1回に出演したときのことを振り返った。

サムネイル
「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」に出演したKICK THE CAN CREW


KICK THE CAN CREWが第1回『ROCK IN JAPAN』出演を振り返る>>

KICK THE CAN CREW『ROCK IN JAPAN 2019 DAY-1』>>

『ROCK IN JAPAN 2019 DAY-1』ライブハイライト>>

"ロッキン"の愛称で親しまれる『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019』が、8月3日・4日、10日・11日・12日にて開催。KICK THE CAN CREWは初日に出演し、出番直後のコメント動画が公開された。

今年で20周年を迎えた『ROCK IN JAPAN』に何度も出演を果たしているKICK THE CAN CREW及びKREVAだが、2000年に行われた第1回では、メインステージの横にあるDJブースでパフォーマンスした。KREVAが「頼まれてやったんだよ。だけど、メインステージに出てたアーティストに、『うるさい』って言われる......」と冗談めかして明かすと、LITTLEは、「そこからのし上がってきたと言ってもいいんじゃないですか?」と感慨深げに語っていた。

そんなKICK THE CAN CREWの『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019』でのステージの模様もウェブで公開されている。2018年にリリースされた人気曲『住所 feat. 岡村靖幸』で、集まった多くのファンたちを盛り上げていた。他にも、ゆずやゴールデンボンバーといった出演アーティストの映像も公開されている。

KICK THE CAN CREWが第1回『ROCK IN JAPAN』出演を振り返る>>

KICK THE CAN CREW『ROCK IN JAPAN 2019 DAY-1』>>

『ROCK IN JAPAN 2019 DAY-1』ライブハイライト>>

(文/沢野奈津夫@HEW