仲間由紀恵に谷原章介が逆襲開始......「闇落ちがドハマリ」と評判/『偽装不倫』第5話

2019/8/ 8 16:23

日本テレビ系ドラマ『偽装不倫』第5話が、8月7日に放送された。妻・葉子(仲間由紀恵)の不倫に気付いた賢治(谷原章介)の言動が「怖すぎる」「落ち着きが不気味」と話題になっている。

サムネイル
『偽装不倫』出演の谷原章介


谷原章介の不気味な演技が話題>>

原作は、『東京タラレバ娘』などのヒット作を生み出した東村アキコによる同名漫画(文藝春秋・LINEマンガで連載中)。32歳独身、彼氏なしで実家暮らしの"パラサイトシングル"鐘子(杏)は、7つ年下のイケメン・伴野丈(宮沢氷魚)と出会うが、つい既婚者だとうそをついてしまう......。

第5話では、鐘子の姉・葉子が、夫・賢治の大阪出張中に不倫デートに出かける。しかし、賢治は「帰りが遅くなる」とウソのメッセージを送り、葉子の帰りを待っていたのだった。デート帰りでウキウキだったはずの葉子は、賢治の姿を見て悲鳴を上げる。賢治は、そんな葉子を「そんなにオシャレしてどこに行ってたの?」と不気味な笑みを浮かべて問い詰めた。そして、大阪土産を渡しながら、葉子の左手薬指に指輪がないことを確認した。

放送後、ネット上では「怖すぎる!」「谷原さんの闇落ちがドハマリ」「落ち着きが逆に不気味」「葉子が悪いのに賢治が悪者に見える」「今後は賢治に注目!」など谷原章介の演技を称賛する声が上がっている。

谷原章介の不気味な演技が話題>>

(文/沢野奈津夫@HEW