ここから本文です

読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『わたし旦那をシェアしてた』第6話が、8月8日に放送された。物語のカギを握る天谷恭平(平山浩行)の過去が明かされ、視聴者たちが「第2章開幕!」と盛り上がっている。

サムネイル

平山浩行、小池栄子ら3人と"事実婚"の真実が明らかに『わたし旦那をシェアしてた』6話


"天性の人たらし"天谷恭平(平山浩行)と3人の出会い>>

天谷恭平(平山浩行)が3人の妻の魅力を語る>>

天谷恭平(平山浩行)と事実婚をしていた晴美(小池栄子)、加奈子(りょう)、茜(岡本玲)。恭平の死をきっかけに3人は、連れ子たちとともにシングルマザー専用シェアハウス「シングシングハウス」で同居生活を送ることになる。第6話では、恭平と晴美ら3人との出会いがついに明かされた。

恭平と彼女たちの出会いに共通していたのは、3人がそれぞれピンチに追い込まれていたところを恭平に助けられた点。また、3人がシングルマザーであることに恭平が興味を示していた点だ。晴美と加奈子は恭平の思い出を語り合ううち、恭平のかかりつけ医だった笠浦(升毅)の存在に気付き、会いに行くのだった。他にも第6話では、恭平と「北神谷町未解決殺人事件」との関わりや、恭平が"最愛の妻"に渡すダイヤの指輪を買った後、暴漢に襲われるシーンも描かれている。

続々と新事実が明らかになり、一気に物語が加速した第6話。ネット上では、「新展開きたー!」「第2章開幕!」「がぜん面白くなってきた」「シングルマザーだから3人に近づいた?」「恭平の目的が少し見えてきた」など盛り上がりを見せていた。また、物語と物語をつなぐチェインストーリーの第6.5話では、恭平が笠浦に3人の魅力について語るシーンが描かれている。

"天性の人たらし"天谷恭平(平山浩行)と3人の出会い>>

天谷恭平(平山浩行)が3人の妻の魅力を語る>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ