ここから本文です

カンテレ・フジテレビ系『TWO WEEKS』第5話が、8月13日に放送された。主演の三浦春馬との共演について、ゲスト出演した村上淳が「短い時間だけど幸せなこと」とコメントしている。

サムネイル

『TWO WEEKS』第5話 因縁の男と直接対決!複雑に絡む三角関係


三浦春馬と村上淳の対面シーンが必見>>

同ドラマは、殺人犯のぬれぎぬを着せられてしまった結城大地(三浦春馬)が、白血病の娘・はな(稲垣来泉)の命を救うために逃亡する2週間のタイムリミットサスペンス。第5話では、有馬(三浦貴大)の発砲により結城が海へ転落。港に打ち上げられたところを、室岡峻治(村上淳)・晴人(鳥越壮真)親子に助けられる。しかし、偶然にも峻治は、9年前に結城が服役するきっかけを作った人物だった......。

ゲスト出演した村上は、三浦との共演について番組公式サイトで、「三浦春馬くんはいつか共演したいと思う(役者の)なかでもトップクラスの人間でした」「この役柄の関係性で共演できたのは、短い時間でしたけど幸せなことだなと思います」と特別な思いを語った。また、「『こうしてもらっていいですか』『こういう風にできますよね』といった芝居の構築が、お互いできたなと思います」と仕上がりについても手応えを感じていたようだ。そんなコメントを受けて三浦は、「エネルギーの塊のような方」「芝居からすごくもらうものが多かった」と村上について語っている。

第5話放送終了後、ネット上では「2人の組合せ最高だった」「村上淳の存在感よ!」「親子について考えさせられるすごく重要なシーンだった」「もっと見たかった」「このドラマはキャスティングがすごくいい!」などさまざまな声が上がっていた。

三浦春馬と村上淳の対面シーンが必見>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ