ここから本文です

人気2.5次元俳優たちが出演するテレビ東京系『テレビ演劇 サクセス荘』第6話が、視聴者の間で「神回」と話題になっている。舞台『刀剣乱舞』シリーズの山姥切国広役などで知られる俳優の荒牧慶彦は、「とても大変な回でした...笑」と振り返った。

サムネイル

『テレビ演劇 サクセス荘』にて即興劇を演じる、ユッキー(髙木俊)とゴーちゃん(和田雅成)


伝説の(!?)大家族ミュージカルに爆笑>>

『テレビ演劇 サクセス荘』は、リハは一度だけ、本番一発勝負というコンセプトの"テレビ演劇"。人気2.5次元俳優が、「成功を夢見る若者たちが住み、いつか必ず夢をかなえて巣立っていく」という伝説を持つアパート"サクセス荘"の住人を演じる。第6話では、サクセス荘恒例のお楽しみ会として、お題と芝居のジャンルだけ決められた即興劇が行われた。

"テレビ演劇"というコンセプトであるだけに、ハプニングは珍しくない同番組だが、第6話は普段よりさらにフリーダムな展開に。チャップ(定本楓馬)とヒッピ(寺山武志)、ミスター(高橋健介)による白チームは、「大家族」というお題で即興ミュージカルを披露することになった。

出だしはそれなりに好調だったものの、突然流れはじめた音楽に合わせてセリフを言おうと必死なあまり、ひたすら100円玉を両替したり、両替した100円玉をリズミカルにわたし合うといった斬新すぎるシーンも......。チャップの「早く出せよ、ババァ!」というセリフはインパクト大だ。カオスな即興劇ではあったが、全力で演じた白チームのメンバーたちは、すっかり息が切れていた。

第6話は出演者たちの実況ツイートも大盛り上がりで、寺山武志は、「100円わたしのダンスめっちゃ笑った!笑」とツイート。荒牧慶彦も「とても大変な回でした...笑」と振り返った。視聴者たちの間でも「神回」と評判で、「大家族ミュージカル過去一笑ったwwww」「大家族のミュージカルはサクセス荘の伝説になったね...」「ヒッピ才能開花させ過ぎじゃね?wwwwww」といった声が上がっている。

伝説の(!?)大家族ミュージカルに爆笑>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ