長嶋一茂、最高球速150kmを投げるお笑い芸人に、まさかの逃亡!?

2019/8/21 16:35

甲子園常連である済美高校野球部の出身で、最高球速150kmのストレートを投げることができるお笑いコンビ・ティモンディの高岸宏行。元プロ野球選手の長嶋一茂が、高岸の剛速球からまさかの逃亡(?)をしてしまった。

サムネイル
『ウチのガヤがすみません!』に出演する長嶋一茂


最高球速150kmを投げるお笑い芸人&ペットボトルキャップ野球の京大生>>

8月20日放送の日本テレビ系『ウチのガヤがすみません!』に長嶋一茂が出演。高校時代にヤクルトスワローズと阪神タイガースから声がかかったというティモンディの高岸の剛速球を受ける企画にチャレンジした。

試しにバッターボックスに立った一茂は、高岸の球に「ムリムリムリ」と及び腰。キャッチャーマスクをつけて本番に臨もうとしたが、いざ高岸が投げようとすると、「ごめん。できない。できないものはできない」となんとその場から逃亡し、スタジオの笑いを誘っていた。

続いて、ペットボトルのキャップを野球のボールのように投げることができる現役の京大生・日野くんが登場。一茂は、日野くんの鋭い変化球を見事に打ち返し、名誉挽回していた。

最高球速150kmを投げるお笑い芸人&ペットボトルキャップ野球の京大生>>

(文/沢野奈津夫@HEW