ここから本文です

水嶋ヒロに似ていると話題のお笑い芸人・安達健太郎が、8月21日放送のテレビ朝日系ドラマ『刑事7人』第6話に出演。「役者でもいける!」と評判だ。

サムネイル

東山紀之主演・ドラマ『刑事7人』


水嶋ヒロ似のイケメン芸人・安達健太郎が登場『刑事7人』第6話>>

『刑事7人』は、天樹悠(東山紀之)、海老沢芳樹(田辺誠一)、水田環(倉科カナ)、野々村拓海(白洲迅)、青山新(塚本高史)、片桐正敏(吉田鋼太郎)、堂本俊太郎(北大路欣也)という個性派ぞろいの刑事7人が、凶悪犯罪や未解決事件に挑む人気シリーズ。2015年に放送を開始し、今回は第5シーズンに当たる。

第6話では、10年前に起きた事故の加害者・和田幸雄(加藤虎ノ介)の遺体が発見された。当時の事故のカギを握る人物である池松役で、安達が登場。少し陰のある雰囲気の男を演じて、東山紀之や白洲迅らの演技と渡り合った。

お笑いコンビ・カナリアとして、『M-1グランプリ2010』でファイナリストになるほどの実力の持ち主である安達は、コンビ解散後、舞台を中心に役者としても活躍している。今回の『刑事7人』への出演に、ネット上では、「やたらカッコイイ人いると思ったら安達さん!」「役者でもいける存在感!」「一瞬、マジで水嶋ヒロかと思ったw」「イケメンすぎるだろ」など話題になっていた。

水嶋ヒロ似のイケメン芸人・安達健太郎が登場『刑事7人』第6話>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ