高橋一生が見せた"弱さ"に「かわいい」「さすがにない」と賛否両論/『凪のお暇』6話

2019/8/26 16:30

黒木華が主演を務めるTBS系ドラマ『凪のお暇』第6話が、8月23日に放送された。スナック 『バブル』 2号店で凪(黒木華)と慎二(高橋一生)が鉢合わせたシーンが話題になっている。

サムネイル
『凪のお暇』出演の高橋一生


人間味あふれる高橋一生が話題 『凪のお暇』6話>>

『月刊エレガンスイブ』(秋田書店)にて連載中のコナリミサトによる漫画『凪のお暇』は、累計250万部を突破し、今年7月よりTBS系にて実写ドラマも放送中(毎週金曜22時より放送)。つい空気を読みすぎてしまう性格の大島凪が、仕事も恋もSNSも全部やめて人生をリセットする物語だ。

最新話では、スナック 『バブル』 2号店でボーイの仕事を始めた凪と、実は常連客である慎二が鉢合わせしてしまった。ママ(武田真治)たちに凪と付き合っていたことを知られたくない慎二は、露骨にうろたえて初対面のふりをした。しかし、凪がゴン(中村倫也)と別れたことを知ると慎二はさらに動揺。また、交際を始めたばかりの円 (唐田えりか) が現れると、今度は凪に円を「同僚」とだけ紹介した。第6話は、プライドの高さから本音を言えない慎二の弱さが満載の回となった。

ネット上には、「うろたえる慎二かわいすぎ!」「作られた慎二がどんどん壊れてくw」「人間味があふれていて最高の回だった!」と慎二を応援するファンの声が多数上がった。一方で、「『同僚』はさすがにない!」「ドラマで見てる分にはいいけど、リアルは無理w」「付き合いたくはないなw」などの声も上がっていた。

人間味あふれる高橋一生が話題 『凪のお暇』6話>>

(文/沢野奈津夫@HEW