千鳥ノブ、米津玄師『Lemon』熱唱大スベリ事件を振り返り「心臓止まるかと思った」

2019/8/28 11:37

お笑いコンビ・千鳥のノブが、テレビ朝日系『テレビ千鳥スペシャル』で米津玄師のヒット曲『Lemon』を熱唱するも大失敗してしまったことを反省した。

サムネイル
千鳥ノブ、米津玄師『Lemon』熱唱大スベリ事件を振り返る


千鳥ノブ、米津玄師『Lemon』熱唱大スベリ事件を振り返る>>

音痴克服企画として、米津玄師の『Lemon』を1カ月かけて特訓したノブ。しかし、8月15日に放送された『テレビ千鳥スペシャル』で特訓の成果を披露したところ、そこまで歌唱力に変化はなく、スタジオを微妙な雰囲気にしてしまった。8月26日放送の『テレビ千鳥』でノブは、この日のことを「心臓止まるかと思った」「地獄よ」と振り返った。

スタジオで『Lemon』を披露する2日前、ノブが、歌唱力が上がっていないことをプロデューサーに相談すると、「ノブさんは下手でも面白いですよ」と返されたそう。この言葉に安心したノブは、「お笑いに振ったのよ」と実は歌う前から笑いに逃げようとしていたことを告白した。

番組では、『Lemon』熱唱時の様子を改めてVTRで振り返った。お笑い芸人の狩野英孝から「笑いを取ろうとしてるから冷める」「『俺、天然だからイジッてくださいよ~』って言ってるサブイ芸人と一緒」など手厳しいツッコミを受けて、ノブは、「このVTRは危ない。死ぬど」と赤面していた。その後も大悟と狩野は、「どこでどういう理由でスベッてしまったのか?」をこと細かに説明していた。

千鳥ノブ、米津玄師『Lemon』熱唱大スベリ事件を振り返る>>

(文/沢野奈津夫@HEW