『ノーサイド・ゲーム』第5話から急な設定変更......凰稀かなめが演じるおかみに変化

2019/8/28 11:30

女優の凰稀かなめが、TBS系ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の第5話から突然の設定変更があったことを明かした。主演を務める大泉洋も驚きの表情を浮かべていた。

サムネイル
『ノーサイド・ゲーム』主演の大泉洋


凰稀かなめが『ノーサイド・ゲーム』第5話前後の違いを演技で再現>>

『ノーサイド・ゲーム』のスピンオフ企画であるウェブ番組『大泉洋さん私の勝負メシどうでしょう?』が配信中。アストロズ行きつけの居酒屋『多むら』のおかみを演じる凰稀かなめが、第8回に登場した。大泉洋とトークを繰り広げる中で、第5話の撮影中に監督から「おかみは柴門(大谷亮平)のことが好き」と演技プランの変更を求められていたことを明かした。

演技プランの変更にともない、第5話以降はおかみの柴門への態度も少々違っているらしい。凰稀が演技の違いを実践してみせると、大泉は「おかしいでしょ! 5話から突然やったんでしょ!?」と驚くと同時に大笑い。続けて、「後半に向けて、柴門とおかみと嫁さん(川田裕美)とドロドロの三角関係の可能性も出てくる」と冗談めかして今後の展開に期待を寄せた。

凰稀かなめが『ノーサイド・ゲーム』第5話前後の違いを演技で再現>>

(文/沢野奈津夫@HEW