『鬼滅の刃』第21話、ついに"柱"も登場し「声優が気になりすぎて困る」の声

2019/8/30 10:40

8月24日に放送されたアニメ『鬼滅の刃』第21話では、栗花落カナヲが初めてセリフを発した。鬼殺隊の主軸である"柱"も登場し、さらなる波乱を予感させている。

サムネイル
『鬼滅の刃』第21話 隊律違反


ついに姿を現した鬼殺隊の主軸"柱">>

同アニメは、吾峠呼世晴による『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載中の人気漫画が原作。家族を殺され、唯一生き残った妹も鬼になってしまった少年・竈門炭治郎が、"鬼狩り"として戦う物語だ。激闘が繰り広げられた那田蜘蛛山編も、第21話『隊律違反』で完結。家族の絆を追い求めた鬼の累の悲しい過去が明かされた。

また、鬼の禰豆子を処分しようとする"蟲柱"胡蝶しのぶを、"水柱"冨岡義勇が止めようとする展開もあった。柱同士の対立という深刻な場面ではあるが、戦いの最中に繰り広げられる「そんなだから、みんなに嫌われるんですよ」(しのぶ)「俺は嫌われていない」(義勇)というやり取りがなんともおかしい。

しのぶと義勇が衝突する一方で、逃げる禰豆子を追ったのがカナヲだった。炭治郎らと同じく最終選別で生き残った剣士であるカナヲが、セリフを発したのは今回が初めて。カナヲ役を演じるのは上田麗奈で、Twitter上では、「カナヲはうえしゃま!!!!マジか!あー好き!」「cvしゃまかよかわいいかよ完璧かよ」「登場時の心があるのかないのか分からないクールさが声にぴったりで良かった」「ぴったりすぎて興奮する...」と歓喜する視聴者の声であふれた。

ほかにも第21話では、累の両親役で桑谷夏子と立花慎之介、鎹鴉役で高木渉と檜山修之が出演した。ゲストキャラクターに至るまで豪華なキャスティングで注目を集めるアニメ『鬼滅の刃』。第21話のラストではついに柱たちの姿も明らかになり、「早く柱の声優発表してほしい待てない」「柱の声優が気になりすぎて困る...」という声が続出。柱の声優たちを予想してファンが盛り上がっている。

※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正式表記

ついに姿を現した鬼殺隊の主軸"柱">>

サムネイル
テレビアニメ『鬼滅の刃』


(文/原田美紗@HEW