千葉真一の次男・郷敦、『ノーサイド・ゲーム』で共演する大泉洋と語り合う

2019/8/30 17:34

千葉真一の次男である俳優・眞栄田郷敦(ごうどん)が、放送中のTBS系ドラマ『ノーサイド・ゲーム』で連続ドラマ初出演を果たした。同ドラマで主演を務める俳優・大泉洋とトークを繰り広げている。

サムネイル
『ノーサイド・ゲーム』主演の大泉洋


『ノーサイド・ゲーム』で連ドラ初出演の眞栄田郷敦>>

池井戸潤の小説を原作としたドラマ『ノーサイド・ゲーム』は、出世の道を絶たれた中堅サラリーマン・君嶋隼人(大泉洋)が、低迷するラグビーチーム「アストロズ」とともに再起を図る物語。眞栄田郷敦は、君嶋の説得によって再びラグビーの夢を追い始める七尾圭太役を演じている。

『ノーサイド・ゲーム』のスピンオフ企画であるウェブ番組『大泉洋さん私の勝負メシどうでしょう?』第6回に眞栄田がゲスト出演した。眞栄田は、大泉の印象について、「お芝居がすごくて、尊敬する部分もたくさんあるんですけど......、それよりとにかく面白い」と語り、大泉を爆笑させた。大泉と舞台あいさつで初めて共演したときのことを、眞栄田は、「『ずっとその場にいたい』と思うくらい面白かった」としみじみ振り返った。番組では、うわさの舞台あいさつの映像も公開された。

また、HTB『水曜どうでしょう』のファンだという眞栄田のために、大泉が新聞に書かれた事件の裏側を明かす一幕もあった。さらに番組本題の"勝負メシ"では、眞栄田が父・千葉真一と食べた絶品ステーキを紹介。まだトーク番組は不慣れな様子の眞栄田を、大泉は、「もっと声張りなさいよ!」「君、お父さんをバカにしてるだろ!」とイジっており、珍しい組み合わせでのトークが盛り上がっている。

『ノーサイド・ゲーム』で連ドラ初出演の眞栄田郷敦>>

(文/原田美紗@HEW