闇サイトに殺人依頼を書き込んだのは......?『わたし旦那をシェアしてた』第9話で"まさか"の連続

2019/8/30 17:30

読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『わたし旦那をシェアしてた』第9話が、8月29日に放送された。メインキャラクターである茜のまさかの真実に、驚く視聴者が続出した。

サムネイル
『わたし旦那をシェアしてた』第9話 最終章突入!夫殺害の真相が全て明らかに!


最終回直前の『わたし旦那をシェアしてた』が"まさか"の連続>>

天谷恭平(平山浩行)と事実婚をしていた晴美(小池栄子)、加奈子(りょう)、茜(岡本玲)。恭平の死をきっかけに3人は、連れ子たちとともにシングルマザー専用シェアハウス『シングシングハウス』で同居生活を送ることになる。

最終回直前の第9話では、茜が「女の敵、天谷恭平に天誅を」と闇サイトに殺人依頼を書き込んだことを認めた。さらに、恭平の死の瞬間にも立ち会ったこと、恭平が用意した結婚指輪を持ち去ったことも明らかになった。真実を知った恭平の母・文江(夏木マリ)は、茜の子供の慎吾(森優理斗)と慎香(池谷美音)を人質にして駆け引きに出たが......!?

茜の事件との深い関わりに、ネット上では、「まさかの茜ちん」「メイン3人は無関係だと思ってた!」と驚く声が上がった。また、慎吾の心臓発作や、恭平が残した3億円の行方についても、「展開がまったく読めない」「最終回が待ち遠しい!」という声が上がっている。

最終回直前の『わたし旦那をシェアしてた』が"まさか"の連続>>

(文/沢野奈津夫@HEW