『仮面ライダーウィザード』俳優・白石隼也が半裸で壁ドンされる/『ランウェイ 24』第7話

2019/9/ 2 16:39

ABCテレビ『ランウェイ 24』第7話では、新たな恋の波乱が勃発!? テレビ朝日系『仮面ライダーウィザード』の主人公役などで知られる白石隼也が、上半身裸で壁ドン"される"シーンもあった。

サムネイル
壁ドンされる香月徹也(白石隼也)『ランウェイ24』第7話


白石隼也が上半身裸で壁ドンされる貴重なシーン>>

一郎&あかりコンビの魅力がさく裂した第7,5話>>

『ランウェイ 24』は、関西国際空港を拠点とするLCC(ローコストキャリア)が舞台。ピンク色の機体がトレードマークの「Peach」の全面協力のもと、"桃パイ"ことパイロットの井上桃子(朝比奈彩)の成長や恋愛模様が描かれる。

第7話では、香月徹也(白石隼也)がめでたく機長に昇格して、Peach史上最年少機長の記録を塗り替えた。「桃子は徹也に気がある」と勘違いした山村一郎(ko-dai)は、浅野あかり(傳谷英里香)と束になり、徹也に桃子の気持ちに応えるよう迫る――! 一郎とあかりが徹也を焚きつけるシーンは、思わず笑ってしまいそうなほど強引なものだった。ロッカールームで、一郎は着替え中の徹也を壁ドンして、超至近距離で「あんた、桃子と付き合いなさい」と命令。気のなさそうな徹也に対して、今度はあかりが「気付かないんですか!? 桃パイの気持ち」と壁ドン。2人がかりで責められて、上半身裸のままキョトンとする徹也だった。

白石の肉体美が堪能できる異色の壁ドンシーンはもちろん、一郎&あかりコンビのやり取りも見どころだった第7話。物語をつなぐウェブ配信動画のチェインストーリー第7.5話では、桃子と変な空気になってしまった徹也が、一郎とあかりに「謝れ!」と詰め寄るが......。こちらでも一郎&あかりコンビの魅力がさく裂しており、Twitter上では、「アドリブでやってるんじゃないかってくらいの掛け合いが面白くてめっちゃ笑ったwww」「今までで一番有効な(?)チェーンストーリーの使い方だったのでは?笑」「うっかり7話より先に7.5話見ちゃったけど神回やんけ!」と本編に負けず劣らず好評だ。


白石隼也が上半身裸で壁ドンされる貴重なシーン>>

一郎&あかりコンビの魅力がさく裂した第7,5話>>

(文/原田美紗@HEW