日本最大級のサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』の練習生が決定

2019/9/ 3 10:20

ボーイズグループオーディション『PRODUCE 101 JAPAN』の練習生101人のお披露目会が行われた。お披露目会では、番組がテレビ放送に加え、インターネット配信されることも発表された。

サムネイル
『PRODUCE 101 JAPAN』練習生101名をお披露目


『PRODUCE 101 JAPAN』特設サイト>>

『PRODUCE 101 JAPAN』は、日本のエンターテインメント界で過去最大級の番組制作規模となる巨大プロジェクト。練習生たちがグローバルボーイズグループ結成を目指して、さまざまなミッションに挑戦して競争を繰り広げる姿を、視聴者が"国民プロデューサー"として審査。最終的に勝ち残った11人だけが、2020年にファイナルグループとしてデビューを果たすことができる。活動の模様は、TBS系列でテレビ放送されるほか、動画配信サービス『GYAO!』でも配信される。

サムネイル
『PRODUCE 101 JAPAN』国民プロデューサーのナインティナイン


国民プロデューサー代表に就任したお笑いコンビ・ナインティナインもお披露目会に登壇した。初公開されたパフォーマンス動画を見た矢部浩之が「めちゃめちゃ、かっこいいですね。ヒットの気配がします」と絶賛すると、岡村隆史も「照明もセットもカメラワークもすごい」と舌を巻いていた。

すでに第1回目の収録を行ったという岡村は、「(練習生たちの)僕へのイジリが早かったですね」と和気あいあいとした雰囲気だったことを明かし、「まだ仲間みたいな感じですが、ここから最終の11人までメンバーが減っていくなかで、みんながライバルになっていき、変な空気が流れていくと思う。ダンスや歌のレッスンも厳しくなっていくでしょうが、僕らがいるときはリラックスしてもらえたらと思っています」と親心を見せていた。

「すでにデビューできるんじゃない?」と矢部が太鼓判を押すほど、キレキレのダンスや歌を披露した練習生たち。矢部が「みんなが努力している姿が、ドキュメンタリーを見ているような感じになると思います」と番組の見どころをアピールすると、岡村も「最終の11人に残れなかった人でも、どこかで活躍する可能性が十分あると思う」とメンバーの質の高さに触れていた。

『PRODUCE 101 JAPAN』初回は、TBS系にて9月25日(水)深夜0時1分から放送。動画配サービス『GYAO!』では、9月26日21時~から配信開始。(全12回、毎週木曜日21時更新)

サムネイル
『PRODUCE 101 JAPAN』練習生101名をお披露目


『PRODUCE 101 JAPAN』特設サイト>>

 (取材・文:磯部正和)