『わたし旦那をシェアしてた』の"10個目のうそ"に、視聴者も驚き「これどういうこと!?」

2019/9/ 6 15:59

読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『わたし旦那をシェアしてた』の最終回が、9月5日に放送された。謎に包まれた男・天谷恭平(平山浩行)の"10個目のうそ"に、視聴者から驚きの声が上がっている。

サムネイル
『わたし旦那をシェアしてた』第10話 最後に笑うのはどの妻なのか?


最後の"うそ"に視聴者仰天『わたし旦那をシェアしてた』最終回>>

天谷恭平と事実婚をしていた晴美(小池栄子)、加奈子(りょう)、茜(岡本玲)。恭平の死をきっかけに3人は、連れ子たちとともにシングルマザー専用シェアハウス「シングシングハウス」で同居生活を送る。恭平が残した遺産3億円と、"10個のうそ"をめぐるミステリー。

最終話では、恭平の死のきっかけを作った茜が刑事の美保(渡辺真起子)に逮捕される。取り調べで、恭平が残した指輪が晴美のものであることが明かされると、文江(夏木マリ)から、晴美に「加奈子を納得させる」という最後の課題が与えられた。そして晴美と加奈子は、茜の息子・慎吾(森優理斗)の治療に3億円を使わせてほしいと文江に懇願した。

女性同士のギスギスした戦いから、見事に美しい人間ドラマに変貌した同作品。話が進むにつれてさまざまな謎が明かされていったが、恭平が残した"10個目のうそ"が、最後に話題に上がっている。

それは、最終話のラストシーンのこと。恭平と事実婚したシングルマザーのみが住む「シングシングハウス」に、ある意外な人物が子供を連れて現れたのだ。これが文江いわく、恭平が残した「10個目のうそ」だ。ネット上では、「これどういうこと!?」「4人目のシェア妻!?」「この結末は予想してなかったわ!」と放送終了後も、天谷恭平に振り回される視聴者の声が目立っていた。

最後の"うそ"に視聴者仰天『わたし旦那をシェアしてた』最終回>>

(文/沢野奈津夫@HEW