八村塁、アメリカに敗戦も「いいものを掴(つか)めた」強烈ダンクが大会ベストプレー

2019/9/ 6 16:22

バスケットボール男子・ワールドカップ中国大会1次リーグE組最終戦の日本対アメリカが、9月5日に行われた。45-98で日本は敗れてしまったものの、八村塁(ワシントン・ウィザーズ)は強烈なダンクで会場を沸かせる見せ場を作った。

サムネイル
八村塁(2019 FIBA バスケットボール W杯)


大会ベストプレーに選ばれる八村のダンク>>

八村塁、アメリカ戦後のインタビュー>>

試合後のインタビューで八村は、「こういう結果になってしまいましたが、僕らもオフェンスとか、ディフェンスのところでやれるところができて、日本のバスケのためにいいものが掴(つか)めたんじゃないかなと思います」と結果はしっかりと受け止めつつ、前向きな姿勢を示した。

八村はわずか4得点に抑えられてしまったものの、後半に豪快なワンハンドダンクを叩(たた)き込み、集まったファンたちを沸かせていた。なお、八村のダンクは、大会が公式に発表しているこの日の『トッププレー』ベスト3に選ばれている。

大会ベストプレーに選ばれる八村のダンク>>

八村塁、アメリカ戦後のインタビュー>>

(文/沢野奈津夫@HEW