山田涼介が『セミオトコ』で見せたキスシーンに反響「こんな美しいキスシーンありますか」

2019/9/ 9 16:45

9月6日に放送されたテレビ朝日系ドラマ『セミオトコ』第7話では、主演を務めるHey! Say! JUMP・山田涼介のキスシーンがあった。「男らしすぎる」「たまらない」とファンから絶賛されている。

サムネイル
山田涼介の芸術的キスシーンが話題『セミオトコ』


意外と男っぽい? 山田涼介のキスシーンがたまらない>>

同ドラマの脚本を担当するのは、NHK連続テレビ小説『ちゅらさん』で第20回向田邦子賞を受賞するなどドラマ界のトップを走る人気脚本家・岡田惠和。さえないアラサー女子の前に、セミの王子様が現れる異色のラブストーリーだ。

セミの命は短く、"おかゆさん"こと大川由香(木南晴夏)とセミオ(山田涼介)に残された時間もあと2日となった。苦しむ由香に向かって、セミオは、「おかゆさんは覚えていてください。この時間を、この幸せだった時間を、力にしてください。幸せに生きてください。それが僕の願いです」と優しく語りかけた。そして、泣きじゃくる由香にセミオはキス。ぎゅっと抱き締めて、「わかりましたか?」とほほ笑んだ。

すっかり大人の男に成長したセミオのキスシーンに、Twitter上では、「男らしすぎるキス.........」「キスする時の頭グイッが男らしくてぴゃー!なのセミの癖にぃぃぃ」「すくい上げるようなキスがたまらない」「こんな美しいキスシーンありますか」と称賛する声が相次いでいる。そんな胸キュンなキスシーンもありつつ、由香とセミオの恋の行方が「切なすぎる」と話題の第7話。次回の最終話で迎える、2人の恋の結末は――? 「もう最終話絶対泣くわ」「ハッピーエンドにならないかな、、」とファンの期待が高まっている。

意外と男っぽい? 山田涼介のキスシーンがたまらない>>

(文/原田美紗@HEW