ここから本文です

ロックバンド・氣志團が主催する音楽フェス『氣志團万博』に出演するとんねるずの木梨憲武が、ダンサーを100人募集する大オーディションを開催した。クセ者だらけの面々がそろってきている。

サムネイル

『木梨の貝。』氣志團万博に出演する100人のダンサーを募集


『氣志團万博』に出演・木梨憲武のダンサーたちがクセ者ぞろい>>

9月14日・15日に千葉県・袖ケ浦海浜公園で開催される『氣志團万博』に出演する木梨憲武(14日に出演)が、TBSラジオ『土曜朝6時 木梨の会。』でダンサーを募集する企画を行った。ラジオと連動するウェブ番組『木梨の貝。』で、オーディションの模様が放送されている。100人中30人は、「身内スタッフで固める」と宣言した木梨だが、残りの70人も個性的な面々ばかりになりそうだ。

過去の放送では、フリースタイルフットボーラーや、7歳の少年たちがオーディションに登場していた。9月7日に配信された回では、「バク転ができる」と自称する60歳の男性・佐々木さんの自宅へスタッフが向かった。佐々木さんは、ヘルメットにつけたジュースをストローで飲むという変わった特技(?)を披露。その後いよいよバク転に挑戦するも、あえなく失敗していた。しかし木梨は、「ステージ上で、バク転するスペースがあるかどうか」「仮押さえで」となぜか仮合格にしていた。

サムネイル
『木梨の貝。』氣志團万博に出演する100人のダンサーの合格者は?


また同放送で木梨は、「ステージ上でマッサージがしたい」というマッサージ師の男性や、ヘソ踊りが得意な男性、さらにはホリプロのマネジャー・松沢さんらを合格させていた。14日開催の『氣志團万博』の木梨のステージでは、ダンスができるかどうかすらわからない合格者たちが一体どんなパフォーマンスを繰り広げるのだろうか?

『氣志團万博』に出演・木梨憲武のダンサーたちがクセ者ぞろい>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ