ここから本文です

お笑いコンビ・千鳥の大悟が、競馬の新たな予想テクニック(?)を考案した。実際に的中させてみせ、周囲を驚かせた。

サムネイル

『テレビ千鳥』大悟が1レースにだけ賭ける「1レースだけ競馬」に挑戦


千鳥大悟の"光り馬"予想が本当に当たる!?>>

9月9日放送のテレビ朝日系『テレビ千鳥』で、競馬ほぼ初心者の大悟が1レースだけ賭ける「1レースだけ競馬」に挑戦。過去に872万円もの金額を的中させたことがあるノブと、大井競馬場を訪れた。

ノブのアドバイスを聞きながらも、大悟はレモンサワーやタバコなどを理由に第1レースと第2レースをスルー。「よく考えたらわかるんだよな。馬さえ見たら」と競馬新聞を否定するような発言も飛び出した。過去に大悟は、「光って見えた」馬を選び、的中させた経験があるのだ。第3レースから大悟は、ただよく見るだけで馬の本質を見抜く"光り馬"予想に切り替えた。

真剣に馬を観察した大悟は、「金色に輝いた馬がいました」とノブに報告。さらに、「8本足の馬がいた」「9番に羽が生えている」と謎の表現を連発した。1レースだけしか賭けられないルールのため第3レースもスルーしたが、そこで実際に「8本足の馬」と「羽が生えた馬」が見事に1、2フィニッシュ。こっそり大悟の予想に乗って勝ち馬投票券を購入していたノブは、見事に2万円を獲得した。その後のレースでも大悟は、「火だるま」「スケルトン」「レクサスがいた」と常人では見えていないものが見えているようだった。

千鳥大悟の"光り馬"予想が本当に当たる!?>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ