ここから本文です

お笑いコンビ・にゃんこスターのアンゴラ村長が、交際相手でもある相方・スーパー3助との同棲(どうせい)について悩みを告白した。同棲(どうせい)を続けたいスーパー3助と、それぞれの考えを語り合った。

サムネイル

『ロンドンハーツ』出演のにゃんこスター


にゃんこスターが同棲についてロンブー淳にガチ相談>>

9月10日に放送されたテレビ朝日系『ロンドンハーツ』で、ロンドンブーツ1号2号の田村淳らが、にゃんこスターの2人が住む1LDKの部屋を訪れた。アンゴラ村長の趣味でコーディネートされた部屋は、人形がたくさん置かれたメルヘンチックな雰囲気のものだった。

アンゴラ村長からは、「(家でのスーパー3助は)カップルの感じになる」「仕事の話ができない」とカップル芸人ならではの悩みが飛び出した。さらに、「夕方まで寝ている」などスーパー3助の普段のだらしない部分も明かし、「別に住むのもいいのかな」と同棲(どうせい)解消を視野に入れていることを告白した。

これにスーパー3助は、「家具もそろえたし、敷金礼金も払ったし......」と金銭面を理由に同棲(どうせい)解消を拒否した。しかし、アンゴラ村長は、「まだ25歳で、未来もあると思ってるのに、家具で止められるのがイヤだ」と反論。最終的に「スーパー3助にいい変化が見られなかったら同棲(どうせい)解消」という結論に至った。また2人は、今後の結婚観についても異なる考えを持っており、淳らの頭を悩ませていた。

にゃんこスターが同棲についてロンブー淳にガチ相談>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ