ここから本文です

カンテレ・フジテレビ系『TWO WEEKS』第9話が、9月10日に放送された。高嶋政伸が演じる悪徳実業家・柴崎がついに本領を発揮し、視聴者が盛り上がっている。

サムネイル

『TWO WEEKS』第9話 最終章へ!悪の逆襲!真の黒幕と直接対決


高嶋政伸が本領発揮......最終話直前『TWO WEEKS』>>

同ドラマは、殺人犯のぬれぎぬを着せられてしまった結城大地(三浦春馬)が、元恋人・青柳すみれ(比嘉愛未)との間に生まれた白血病の娘・はな(稲垣来泉)の命を救うために逃亡する2週間のタイムリミットサスペンス。

第9話では、証拠となる映像のコピーを手に入れようと柴崎の自宅に侵入した結城が、柴崎と鉢合わせしてしまう。しかし、意外にも柴崎は結城を見逃した......と思いきや、「おまえが一番苦しむ方法で殺してやる」と恐ろしいセリフを言い放った。その後、柴崎は部下の久留和(池田鉄洋)らを使い、すみれを拉致。さらに白血病の娘・はなさえも病院から誘拐する非道なやり口を見せた。

黒幕である早穂子(黒木瞳)の影に隠れ、ここ最近は少し目立たなかった柴崎がついに本領を発揮。最終話直前のタイミングで、結城たちを絶体絶命のピンチに追い込んだ。高嶋政伸が演じる悪党ぶりに、ネット上では、「高嶋政伸きたー!」「はなちゃんをさらうとかマジで極悪」「やっぱ悪党やらせたらこの人すごい」「まさに真骨頂」と称賛する声が上がっていた。

高嶋政伸が本領発揮......最終話直前『TWO WEEKS』>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ