ここから本文です

お笑いトリオ・我が家の坪倉由幸が、トリオの解散危機と、現在もわだかまりが残っていることを明かした。酒癖が悪いという杉山裕之に酒の席で殴られた過去を語った。

サムネイル

『ロンドンハーツ』我が家・坪倉宅を訪問


我が家が本気の話し合いで解散寸前>>

9月10日に放送されたテレビ朝日系『ロンドンハーツ』で、ロンドンブーツ1号2号の田村淳らが坪倉宅を訪問。ドラマやバラエティなど多方面で活躍し、順風満帆な芸能活動を送っている坪倉が、「(我が家)3人の仕事がまったくない」と悩みを告白し、杉山との不仲を語った。

同番組でも酒癖の悪さについては何度か取り上げられている杉山だが、数年前、飲み会でブルゾンちえみを説教して泣かせてしまったことがあるという。そのことで坪倉が注意すると、杉山は「おまえのそういう感じが面白くない」と反論し、解散の危機に陥ってしまった。結局、もう1人の相方である谷田部俊の仲裁によりことなきを得たが、しこりは残ったままだという。

その騒動の3カ月後にも飲み会でケンカが勃発したとして、坪倉は「吸っていたタバコを投げてきた」と杉山の暴挙を明かした。さらに「殴りたかったら殴ればいい」と言った坪倉を、杉山は本当に殴ってきたそう。翌日に謝罪があったものの、坪倉は再び解散を考えるようになり、いまだにわだかまりが残っていることを語った。その後、坪倉宅にサプライズで杉山と谷田部が登場。酒癖の悪さが治らない杉山が「外では3杯まで」と約束し、「破ったら解散」という形で話はまとまった。

我が家が本気の話し合いで解散寸前>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ